ウイルス性イボ

尋常性疣贅はウイルス性の疾患で時に治りにくく再発することもしばしばです。
最近レーザー治療が行われるようになり良好な治療成績を得ています。当院ではジェントルマックスプロを使った治療を行っています。

尋常性疣贅(ウイルス性イボ)とは、ヒトパピローマウイルスによる感染により、手指、足底などに出来る硬く隆起したイボです。
ウイルスが原因のため、刺激や外傷などにより大きくなったり数が増えることがあります。


当院で行っている尋常性疣贅(ウイルス性イボ)の治療

当院ではロングパルスヤグレーザー(ジェントルマックスプロ)によるレーザー治療を行っています。ジェントルマックスプロのNd:YAGレーザーは血管を流れる血液の色素に反応し、イボの栄養血管を選択的に破壊します。1〜4回の治療で治癒率96%と報告されています。

治療の適応 尋常性疣贅、爪周囲の疣贅、足底の疣贅
  液体窒素など他の治療で難治の疣贅
1回の治療は20分程度で終了します。
麻酔テープを使用したり、アイスパックで冷却しながらレーザー治療を行いますので、痛みも軽減されます。
治療は1か月に1回の目安で平均1〜5回です。

症例写真



内出血、血腫が出来ることがありますが、その場合は外用剤で処置を行います。

尋常性疣贅(ウイルス性イボ)のレーザー治療の費用について

自費による治療になります。

1カ所につき 1回 3,300円
ページTopへ