検診外来

検診外来

お肌の健康維持のために体の内側からも時々チェックしてみることをお勧めします。
検査の結果から日常生活のアドバイスをいたします。



潜在性(遅発性)フードアレルギー検査

潜在性(遅発性)アレルギーを知り、食生活を改善していくことで、慢性的な疲労、関節炎、じんましん、アトピー性皮膚炎、頭痛、肥満などの様々な症状が改善されることが多く報告されています。

食物に対するアレルギーといえば食事後短時間で起きる即時型アレルギーが一般的で、皮膚のかゆみ、じんましん、腹痛、呼吸困難などの症状があらわれます。このアレルギーにはIgE抗体が関係しています。

これに対して最近潜在性(遅発性)アレルギーが注目されています。
食事後数時間から数日で、慢性的な疲労、関節炎、じんましん、アトピー性皮膚炎、頭痛、肥満などの様々な体の不調があらわれます。症状が出るまで時間がかかるので、気付かれずに何年も過ごし徐々に体をむしばんでしまうこともあるのです。この潜在性(遅発性)フードアレルギーに関わっているのがIgG抗体です。

自分の潜在性(遅発性)アレルギーを知り、食生活を改善していくことでこれらの様々な症状が改善されることが多く報告されています。

検査
指先から約2〜3滴の血液を取ります。
今のところ、日本国内に検査機関がないため、米国に血液を送り、96項目の食物のIgG抗体を調べます。
検査結果を基に今後の食生活の注意点について医師より詳しくご説明致します。

潜在性(遅発性)フードアレルギー検査の費用について

料金: 31,160円

ページTopへ