凹み(ほほ・こめかみ)

自己PRP(多血小板血漿療法)注入療法について

自己PRP注入療法とは、自分の血液で肌を再生させる再生医療です。


症例写真

症例


血液から取り出した血小板を活性化することにより、肌を再生するEGF(上皮増殖因子)、 FGF(繊維芽細胞増殖因子)、KGF(角化細胞増殖因子)などの様々な皮膚の成長因子が放出されます。
自己PRP(多血小板血漿療法)注入療法とは、これらの働きを応用した若返り治療です。
自分の血液を製剤化して注入しますので、感染やアレルギーの心配もなく、自然な仕上がりでしわや凹みが修復されます。
効果
ほうれい線
額のしわ
目の下の凹み
目じりのしわ
頬、こめかみの凹み
肌のハリ
肌の質感の改善
手の甲をふっくらさせたい


治療の流れ

採血:前腕から約15cc〜30ccの血液を採取します。
(普段の血液検査で採るくらいの量です)

遠心分離・調整 血小板、白血球の濃縮された層を抽出し、活性化した状態に調整します。
この間約30〜40分程リクライニングベッドでお待ち頂きます。この間麻酔クリームを塗布し、注入時の痛みを最小限にします。

注入(注入は10分程度で終了します)


治療後注入部位に赤みや稀に内出血がでることがありますが、3時間後からメイク可能です。
4〜7日程度むくみや腫れがでることがあります。

再生医療の費用について

顔1回(2〜3カ所) 4cc 242,000円
目の下、目尻、口元など1部位 154,000円


ページTopへ